2016/02/08

クレルモンフェラン国際短編映画祭2016・1日目

クレルモンフェラン国際短編映画祭2016・0日目 の続き。

朝!
ホテルのお部屋の窓からの眺め。(特に何も見えない)
おはようございます。わたしです。
今日も雑なお写真でお送りいたします。
宿泊しているホテル。
映画祭が勝手にここにお部屋をとってくれたんだけど(宿泊費は映画祭もち)
メイン会場の Maison de la Culture までは トラムに乗って行くよ。
ホテルの目の前にトラム駅があって便利!
券売機で切符を買って・・・来た!クレルモンフェランのトラムは真っ赤な車両。
あれに乗るよ(・v・)
ちょうど2㎞くらいの距離だから 結構すぐ着く。 
ここがメイン会場 Maison de la Culture。 文化センター ってかんじか。
トラムが目の前に停まるので ホテルからのアクセスは とっても便利。
なんかにぎわってる~:D
まずは ゲストオフィスに行きたいんだけど・・・
映画祭から来てたメールを見ればいんだけど 面倒なので 案内所で聞く。
2階の奥だってー:D
建物に入るとき、ガードメンが居て 荷物検査された。
出入り口も指定されてて 警戒されている。 テロ対策。
事前に パリのテロがあったから 大きな荷物の持ち込み制限とか、そういうメールが来てた。
2階の奥ね、はーい:D と思って 向かったんだけど
まず どこが2階っ?! ってなる。 広い踊り場みたいなのがあったり 入り組んでて 複雑・・・

探り探り歩いていくと 着いた~ ここだね:D
ゲストレセプションで IDを見せると 映画祭グッズや 説明をしてもらえます:D
これは 他の映画祭と同じ!
周りには ゲスト用レターボックスと・・・
ここだけキャンプの様相を呈しているスペ~ス:D 
かわいい:D
今回のパス! プラスチックカードタイプ。
全ての上映に出入りできるだけでなく、な、なんと 映画祭期間中 市内のバスとトラムが乗り放題!!!
え~~~! すごい(@_@)
そして フェスティバルバッグの中身! ほとんど紙!!!
あと、フェスティバルバッグが ものすごくしっかりしている。内ポケットまでついてるし。
ただ、すごい色だけど。。。(肩からかけられるけど、ベルトは紫)
超巨大フェスティバルなので ゲストも多いはずなのに レセプションデスクに1人しか人が居ないという
フランスらしい時間のかかり方で 最初に観ようと思ってたプログラムの開始時間が 結構迫って
まぁ ちょうどよかった。

これが広い踊場。 それより見て!! すんごいフライヤーの量! あまりにすごくて笑っちゃった。
普通、映画祭では フライヤーを置ける決まったスペースが用意されていて 
一応 置いていいですか と 聞いてから置くのだけど
ここはもう 縦横無尽・・・
様子を見てからと思って 今日は少しにしておいた 我々のも 便乗置き:D
ここから また迷う。
わたしは Salle Boris Vian に行きたいんだ!!!

見てこれ。 あっちに行けばあるんだと思うじゃん。 ないんだな。 この2つ下の階にあるんだな。
矢印の使い方間違ってるよね。。
館内をウロウロぐるぐる、、結局 スタッフさんに2回聞いて たどり着いた!
地下1階の 一番奥だった。
ウチのTIMHが入ってるLabコンペ の プログラム2 を観た。
やばいよ~ 狂ってるのばっかりだよ~:D ジャンルもなんでもアリだし こうなると ほんとセレクターの趣味だな。。

アニメーション作品、1プログラムに1つくらい 分散して入れてある。
このプログラム、トリが Teethだった! 一番お客さんのリアクションがあった。
わあああ ってなるもんね、あの作品・・・

終わって出ると 次のプログラムを見るお客さんの すごい行列!!!
なんだなんだ、次は何が上映されるんだ と思ったけど 結構 どのプログラムでもこうみたい。
わたしは 次のプログラムは 会場を移動して観まーす。
あ、貸しヴェロ。 もうフランス どこの町にもあるね。
歩くこと5分くらい・・・
ジョード広場が見えてきた。
広場の脇にある映画館 シネキャピトル でも 映画祭のプログラムが上映されているよ。
普段は普通の映画館なんだね。
ひっΣ(◎■◎;) ここも並んでる!!!
ここでは Labコンペティション3 を観まーす(・v・)
TIMHが上映されるよ! わくわく。
お客さんいっぱい、満席だった。
また奇妙な実写映画タチに混ざって ディスイズマイハウスの上映。
色が他になくてかわいい! そして 観れば観るほど いい作品だな~:D
DCPでの上映、ちゃんとなっててよかった。 サラウンドもばっちり:D 安心安心:D

やっぱり たくさんのお客さんに観てもらえるって嬉しい!
プログラムが終わって・・・再びお外へ。 ジョード広場。
ナントゥイユのルイ・シャルル・アントワーヌ・ドゼー像。(ナポレオンのお友達だって。)
実は 反対側に わたしの大好きなバルトルディのスタチューもあるんだけど 後日のお楽しみにして・・・
日曜だから あらゆるお店が閉まってる。
空いてるパン屋さんに 人が群がってた。
わたしも 今夜のために パンとお水を買う。
また 文化センターに戻って、、
(自転車の道)
また Vian で Labコンペ4を観ます。
すごい行列に並んで入った~ この映画祭、一般のお客さんの数がすごい。
だから ほとんどフランス人。 
フランス人って 一般の人が こんなアーティスティックな映画を 観ようと思うんだなぁ。
日本じゃありえないな。

ここは広い。また満席。
あーーー よく観た。 もう夜。 ほんとは夜中まであと2プログラム観たかったけど
今回は お仕事があるので ホテルに帰ります。
でも 1日3プログラムくらいが 疲れなくてちょうどいいのかもね~~~

文化センターの前に並ぶフードトラックたち。
トラムに乗って帰る。
駅to駅 が ほぼ ドアtoドア だから ほんと便利。
あの 縦横無尽なフライヤー群 帰りに見たら アニメストのステッカーが大量にあったから
いくつかもらってきた:D アニメストかわいい:D 
(ルーマニアの首都ブカレストで毎年開催されるアニメーション映画祭だよ)
ホテルのお部屋に着いて 買っておいた パンオショコラを食べながら作業。
ネット 不安だったけど なんとか繋がってる。 よかった~
なんか 独りで映画祭来て スケジュール詰め込んでプログラム観るの 可笑しくて笑える。
映画大好きな人みたい。 映画がお仕事の人みたい。 いや そうなんだけどさ。 いまだにしっくりこないんだもの。
ノミネートまでしてるんだけどさ。 映画が わたしの人生の中に それもかなり重要な位置にあるって
奇妙だな~~~~

明日もたくさん観なきゃ! おやすみなさーい:)