2014/05/25

映画企画開発@デンマーク2014

忘れないうちにまとめ。

2月に行われた SEAコンセプト開発マスタークラス2014 から 引き続きプロジェクトを続行することになった我々のチーム。
再びデンマークはViborg(ヴィボー)にある TAW(The Animation Workshop)に集結しました。

オリジナルメンバーの ペドロ(fromブラジル)、ケネッツ(fromデンマーク)、わたし(fromジャパン)に
アシスタントとして途中参加した ニッキー(fromデンマーク)を加えた 4人チーム。
前回のマスタークラスでは 最終日のピッチのためにTVシリーズの企画をバタバタ仕上げましたが
今回は 改め長編映画企画としての 再開発。

前回同様、TAWの施設「アースナル」の一室を借りて約10日間、作業しました。
春のアースナル。↓
前回は近くの 超かわいいホテルOASENに宿泊したけど、今回はTAW敷地内にあるゲストハウス。
先生たちが住んだり滞在したりする建物だったので けっこうきれいでよかった~:D (※わたし潔癖症)
目の前には幼稚園だか小学校だかがあって 毎日子どもたちがワイワイしてた。
ただ、わたしも初日以外は 毎日朝から深夜まで作業だったので ほんと寝に帰るだけだった。
ゲストハウスからアースナルへは 徒歩1分。(目の前に見えてる。)
それでも 朝起きて 毎日職場に向かうっていいな、と思った。 こんな近くならなおさら:)

初日だけみんなで再会の外食。
以降、近所のスーパー「フーテックス」へ 足しげく通うことになります。。
デンマークのパンは いつも色んな種(ひまわりとか、かぼちゃとか・・・)やナッツが入っていておいしいし、どれもおいしそう:D
フーテックスで色々試す。

ちなみに、デンマーク名物は 重くて黒いパン「ホパ」。ご飯の塊みたいだし、実際断面見るとご飯みたいなんが色々入ってる。。。
アースナルには自由に使えるキッチンもあって なんといってもフリーコーヒーマシンがあるから天国。
フーテックスで買ったパンでサンドウィッチ、が我々の常食に。

一度、デニッシュの2人 ケネ&ニッキーが デンマークの伝統ごはんを作ってくれた:D
アップルフレスク っていう 重いパン「ホパ」の上に ベーコンの塊、カレー味に炒めたホクホクリンゴを乗せて食べる、不思議味!
暖かい日はTAWの向かいにある墓地にサンドウィッチを持っていってランチ。 平和で広大できれい。
前回誰が何を好きか知ったわたしは 日本から狙ったおみやげ。 ほぼポケモン笑
わたしが大量におやつを持っていったので 半分以上の日々は 毎日みんながずっと作業中にむしゃむしゃしてた(●_●)

ケネの靴下はあいかわらずポップ。
学校から10分くらいでViborgの町の中心へ行ける。 とってもかわいい、メルヘンな町に住む友人宅へ、みんなでバーズデーパーティーに。
すごくかわいいおうちだったけど、家賃は月10万近くするんだって! Viborgでもよいところは高いんだなぁ。。。
デンマークは5月でも もうすでに日照時間が長い。
日没は23時前。 お外が明るいのに もう20時!えっ! みたいなことが 毎日おこる。
夏日が続いてると言っていたのに 我々がViborgに到着してから数日は 結構寒くて 雨もよく降った。
後半になると また夏日に:D
ただ、思ったよりもずっと忙しくて 今回もほとんどお外へ行けなかった。
毎朝9時から、深夜2~3時まで。 3、4時間しか寝ない10日間が続いて ぐったり。 休暇を一日とるべきだった。。。

最終日のランチは またもサンドウィッチを持って バタバタと湖へ。
Viborgの見所なんて 湖くらいだからね、せっかくの好い季節、行っとかなきゃ~ヾ(・v・)ノ
ずっと気になってたデンマークの伝統お菓子「Flødeboller」を ニッキーが買ってくれたので試食・・・
ああああ甘い(●_●)
やわらかいマシュマロをチョコでコーティングしてある 一気に血糖値上がりそうな甘さ:D 色んな味がある。

湖は・・・のどかだけど わたしはアヌシーの美しさを知ってしまっているから まぁなんとも・・・ω
鳥がいっぱいいてかわいい:D
ちょっと散策。
ブーメランみたいな葉っぱがたくさん落ちてる。 落ちるとき、くるくる回りながら飛んでいくんだって。
旧市街を通って帰る。 協会、ミュージアム。 とてもきれいで 小さいけれどかわいい町。
マルシェやってた。
TAWには色んな施設があって 我々が使ってた「アースナル」は 会社が入っている建物。
ケネ&ニッキーの会社も アースナルに入ってる。
お隣には オープンワークショップという アーティストレジデンスの建物、それからケネ&ニッキーも卒業した学校。
世界中から人が集まっている。
オープンワークショップで滞在している日本人、さっちゃんがツアーしてくれた:D
今回は さっちゃんとたくさんお話できてよかったな~
忙しかったけど、前回みたいに レクチャーとかで縛られた忙しさじゃなくて 自分たちで決めた忙しさだったからね。
夜にアースナルの上階にあるゲーム制作オフィスのみんなと ちょこっとゲームして遊んだり(ピザが巨大。)
オープンワークショップの方でおしゃべり休憩したり、っていう時間はあった。 でも疲れた・・・
前回途中参加だったニッキー。 毎週忍者のクラスに通っている。 
まだ24歳だけど TAWの学校を卒業して アースナルで自分の会社を持ってる。

ニッキー、犬みたいで すごくかわいい。 若いから とにかく体を動かしたくて じっと作業してるかと思いきや
「ピンポン!ピンポン!」と騒ぎ出し、みんなに「あとでね」とたしなめられる。(アースナル3Fに卓球台がある。)
お外を歩けば 草の上をコロコロ転がって芝生まみれになるし ニッキーが去った後は 床が異様に散らかっていて
ほんと 犬飼ってる気分。。。

それでもやっぱり TAWにいる学生たちとは違って きちんと落ち着いてるし しっかり考えられる。
24歳って、羨ましいなぁ。 映画制作に5年かかったとして まだ20代なんだよ! なんてこと。

ちなみに アースナルは犬(本物)出入り自由です。
上のお写真、黄色いクマは「バムセ」。 カエルは「カイ」。
どちらもデンマークでメジャーな子どもTV番組(おかあさんといっしょ的な)で、他にも鳥とかのキャラがいるんだけど
わたしが この2匹を好きなのを知っているケネ&ニッキーが お別れにくれた。

そんな今回のデンマーク。 企画は新しく、また一歩進んだ。
1ヶ月くらいかけてもう少し詰めたら 各自持ち帰った作業をドッキングしてパッケージにする。
デンマークにも、ブラジルにも 「開発のナショナルファンド」があって そこへ助成金の申請をするには 十分な内容。
映画開発のファンドがない日本(悲しい)のわたしは 企業などへプレゼンをしていく。
Viborg、日本から アムステルダム経由で 直行・直帰。
デンマークに居る、というよりは Viborg、、、もとい TAWに居る! という感覚でしかなくて 海外旅行ってかんじでもない。
作業する空間、別の宇宙?

でも 確実に未来へ繋がっていく ここでの作業がすきだ。
ペドロ、ケネ、ニッキー、大好き、どうもありがとう。 一緒に開発ができて幸せ。 みんなで好い結果を実らせたいな。

百聞は一見にしかず~
今回は ビデオ撮ってきたから まとめビデオ。 楽しそうだけど、ほとんどの時間は じっと作業したり
構成やデザイン考えるのに 結構苦しんだりもした。

今後も何度か行くことになるだろう、TAW。
去年までは存在すら知らなかったこの場所に こんなに縁ができるなんて不思議だなぁ。

今月はバタバタしすぎて もうだめだ。。。
来月、ちょっと落ち着いて 新しい生活リズムを構築しよう。