2014/03/07

SEAコンセプト開発マスタークラスでデンマークへ2

本当は 何度かに分けて更新しよーともったんだけど、あまりにも時間が無いので 一瞬のスキを突いて 最後までバーと書くよ!
超長くなるけど! 一緒に旅行してくださ~い:D

さて 2014年2月の東京大雪の日。 羽田からのフライトは案の定欠航。。。
何のために あの モコモコに積もった雪道を 苦労してスーツケース運んだのか。。。超脱力して
「急いで成田に行けば 成田からの直行便に間に合うかも、、」と提案されるも いやいや、もう出直します、間に合う保証もないし、、
ということで 2日遅れでの出発。

この後 4~5日間 わたしの腕は 筋肉痛であった。
2日後。 欠航のおかげで 福岡経由という なぞのフライトは回避して 成田からアムステルダム経由で デンマークは「ビルンド」へ。
あのKLMに乗る~:D ボウイング747かな
「ビルンド」の空港は、小さい。 あの、レゴランドが隣にある空港。 コペンハーゲンからは 超遠い。

わたしは 「ウサビッチ」デザイナの あぐちゃんと一緒のフライトで 欠航したりすったもんだを 一緒に切り抜けられたのでよかった。。
ビルンドに着くと もう夕暮れ。 迎え来ず。 1時間後のフライトで到着する アニメ!アニメ!数土さんを待て との連絡。
数土さんにはいつもお世話になっているが こんな海外の僻地で会うことになるとは。。。妙な気分。
お迎えのドライバーさんも到着して、でっかいバンで1時間ほど 夜道を走り、今回の開催地、「ヴィボ―」へ。

これが、もうね 空港を出ると すぐに 真っっっ暗になるの。

デンマークって すごく平らな土地で、山も建物もない平原が永遠に続いてるんだけど、明かりが全くなくて、街灯もなくて、
車のヘッドライト消したら もう ほんと真っ暗。

山道ならまだ解るんだけど、平野でここまでの真っ暗闇って 初めての体験で びっくりした(@_@)

で、宿泊先のホテルに到着~:D ん、誰もいない、、、8時ころに帰ります、との置手紙が。 もう8時過ぎてるけど・・・?
ホテルは超~かわいくて、きれい。 ずっと住みたかったくらい:D

でも、今回 日本人参加者5人が 2人と3人に分かれての相部屋、、そう、わたしの苦手な シェア!!
ど、どうしよう、、2週間も><
と~もってたんだけど、こんなに快適で楽しいシェアは初めてだった:D
終わってみると、独りじゃなくてよかった~!ってくらい!!
あぐちゃんと まほちゃんと 同じお部屋で すぐお向かいは なおなおとるうちゃん。
夜にみんなでワイワイおしゃべりしたり、楽しかった!

あぐちゃんもまほちゃんも すごくきれいにお部屋を使ってくれて、わたしの今までの 最悪なフランス・LAのシェアの悪夢から一転
とってもステキな滞在に~:D

しぶちゃんもきた:D↓ (ジョ~ジはお留守番:D)
今回の滞在は2週間だったんだけど、本当に休みなく 毎日朝から晩まで キチキチにスケジュールが詰められてた。
朝は8時前に起きて ホテルの食堂でごはん。 玄関を一旦出て、、
建物をぐるっと回った 中庭に食堂がある。 建物も何もかもかわいい!
ただ、我々 最初の2~3日で もう ほとんどここで朝食をとらなくなりました。。

と、言うのも もう 毎日ハードスケジュール過ぎで フラフラで 朝ギリギリまで寝たい>< というのと
途中でパン屋さんを発見したので パン屋さんのデニッシュを買って そのまま学校に行ったり、、という
なんだかフレキシブルなかんじになってきたので。。

「ホテルは 学校のすぐお隣」と聞いていたんだけど その「お隣」までの敷地が 広大過ぎて
結局 10分くらいは歩く っていう。。 しかも みんな同じよ~な建物で どこがどこだか 全然わかんない(@_@;)
後半過ぎてから やっと色々把握して 独りでホテルから往復できるようになるという。。
今回の開催設備「TAW」の アニメーションワークショップ は デンマークで最も大きな アニメーションのための施設。
(The Animation Workshop の略で TAW。)

学校の他に、海外からのレジデンスの受け入れ、今回のようなマスタークラスや さまざまなコースの開催、など とても盛ん。
卒業生は この施設の中で起業できて 現在31の会社が入ってるとのこと。 す、すごい・・・!

設備をまるっと使用できるから 初期投資も維持費も何も要らず、
我々日本の作家のように 商業制作をちまちまやって稼ぎながらやりくりする という必要がない。
オリジナルの企画制作だけを進めて、誰か(TV局など)が買ってくれるのを待つことができる。 夢のようだなぁ。。

で、ここが今回わたしたちが主に使った建物、「アースナル」!↓
今回 日本から参加したわたしたち。
左から、白組さんベテランプロデューサのなおなお。 わたし。 藝大院卒でNHKアートさんで働くまほちゃん。
もうずっとアメリカに住んでいて作家のるうちゃん。 撮影:あぐちゃん で、5人。
いちいちノートPC・液タブとか作業に必要な色々を持ち歩くから 毎日大荷物だった(@_@)
みんなすごく気が合って、超仲良くなって 超楽しかった! みんな大好き!
今回5人でこんなに仲良くなれたことが一番の収穫かも!
前半は 毎日朝9時半からレクチャー。 世界中から現役で活躍している人が講師で来ていた。
アースナル内のお部屋で。
2時間くらいごとに 小休憩をとって、隣のお部屋に用意されてる コーヒー・お茶や クッキー・ケーキをつまみながら談笑。。
せっかく 毎朝ホテルで作って持っていこうと スタバタンブラーとコーヒーの粉を持って行ったのに なーんも使わなかった。

お昼は毎日 広大な芝生を挟んだアースナルの反対側にあるカフェでビュッフェ。
ごはんはとってもおいしい:D
でも ほんと 一日中大量に食べてて ずっとおなかいっぱいで 気分悪いくらいだった(@_@)
(アースナルに似てるけど 違う建物↓)
お昼食べたら また戻って夜までレクチャー、、夜は 敷地内の別の建物で 用意されたごはん。
スケジュールには 夕ご飯がほとんど出ない、ようなこと書いてあったのに ほとんど毎日3食賄われて おなかいっぱい(@_@)

途中でなおなおのお誕生日があって、るうちゃんたちとこっそり学校のボスのモートンに頼んだら
食後に巨大クッキーが出てきた! この後、なおなおが自らクッキーの首をナイフでカット。
デンマークの伝統だそうです。(デンマークはバイキングの国。)
アースナルには 自由に飲めるコーヒーマシンがあって、カフェオレもココアも飲み放題。
これはすごくよかった~~~:D
夜、2回だけ みんなで町へ食べに行った。 イタリアン。 アースナルから町までは徒歩15分くらい。
夕ご飯食べた後も アースナルに戻って 深夜まで作業することになるのでした。。
夜のヴィボ―の町。 超田舎で ほんと何にもないし、
それよりも 忙しすぎて 全く歩く時間がなく やっとごはんに来れて夜、お店もみんな閉まってる状態、、
わたしとあぐちゃんは フライト変更で 到着が マスタークラス開始2日目になったんだけど、
1日目と前日は とてもアーティスティックなワークショップがあったのだそう。
目隠しして色んな物の匂いをかいで 想い出と結び付けて、その言葉を別の人が絵で表現するとか、
目隠しして手を触れ合って誰かを当てたり、目隠しして施設内を歩き回ったり、、って 目隠しばっかりだな!:D

で、1日目の終わりに あくまでも参考として「誰と一緒のグル―プになりたいか」のアンケートをとったそう。
わたしとあぐちゃんは それをスキップして 2日目からの参加になっちゃって、2日目の夕ご飯の時間に グループの発表が。

今回の参加者15人、それぞれ違う国の3人で一つのグループ、全部で5つのグループができる。
わたしは、ブラジリアンのペドロ、デニッシュでアニメーションワークショップ卒業生のケネと一緒に。
初日をスキップしてたので 夜ホテルに帰ってから 2人の作品とかをチェックしたら、3人とも同じような立場で同じようなお仕事をしてて
わたしの好きなテイストのドローイングをしてて すごく嬉しくなった!

3日目の午後から、グループワークが始まる。 それぞれのグループに個室が与えられる。
無の状態から、3人で企画を考える、、すごく難しい! これはケネがくれたデンマークのおやつ、「ナポレオンの帽子」↓:D
本当は もっと色々書きたいんだけど、今までの海外生活の不特定な人々とちがって
彼らは特定人物なので あまり書かないようにします(@_@)

TAW犬↓
わたしたちのグループは 広くて数部屋繋がってる アースナルの1Fのお部屋だったんだけど、
あぐちゃんたちのチームと 一続きのお部屋で、最後の方は 大部屋を2グループで仕切って ワイワイやってた:D

あぐちゃんたちのグループは、あぐちゃん以外 2人ともプロデューサ(@_@)(ブラジル人とチェコ人)
2人とも意志が強くて 最後まで内容もめてて大変そうだった。。
(あ、ここに写ってんのはチェコ人じゃなくてデンマーク人だ。。のちに記。)
5日目くらいから、やっとレクチャーが無くなって 朝からグループワークに!:D
みんなちょっと解放されたのと 大分打ち解けてきたので お昼ご飯の後 なぜかワイワイお隣の墓地へ。
デンマークの墓地は 公園みたいで ちょうカワイイ! そこから流れで湖へ。 小さな町だから すぐにどこへでも歩ける。
そういえば、ここになんと 日本からアーチストレジデンスで来て もう1年くらい制作してる子がいた!
さっちゃん。
しかも、実は 会ったことがあって わたし、顔は覚えてなかったけど 会ったことは覚えててびっくりした。
数年前の 「弐参の会」(映像屋の巨大パーティ)で 「ブログ読んでます!わたしも海外に行きたくて!」みたいなことを言われたのだった。

わたしが海外をウロウロしていると みんなに「自由でいいね」「自分も行きたい」と言われるのだけど
そう言って 実際に ちゃんと海外に行ってる人って なかなか居ないので すごく嬉しかった!
アーチストレジデンスいいなー 今まで考えたことなかったけど 実際施設に来てみると すごくいいな。
本格的に考えたい。

さて、アースナルに戻ります。
グループワークが始まっても、ちょこちょこレクチャーが入るし、日本のお仕事も普通に抱えていて 超絶激務。
我々のグループ部屋、朝。↓
途中から、ここで起業して働いている卒業生など デンマークのアーティストが 各グループのお手伝いとして一人ずつ加わる。
あ、ブラジル人が加わったグループもあったな、、

我々のグループに入ってくれたのは デンマーク人のニッキー。卒業生同士で会社を立ち上げたばかりの、忍者。
ニッキーは 忍者のライセンスを持っているのだ。 な、なんだそれは(@_@)

アニメーションに携わってる人って 世界のどこでも大抵そうなんだけど、うちのグループもみんな日本好き。
ペドロが一番よく知ってたかなー だって腕にトライフォースのタトゥー入れてんだよ!!!
あまりに呆れて わたしディレクタさんよく知ってるよ、、と言ったら 超崇められたω

ケネもニッキーもそうなんだけど、ここのデンマーク人たちは 大抵ポケモン好きだったω
モンスターボールのiPhoneケースつけてる人とかいるし なんだか複雑な気分!:D 

ただ、日本好きでいてくれるから グループワークが若干やりやすかったかな。
「日本ではこうだ!」「日本で売るためにはこうした方がいい!」っていうと、聞いてくれるし:D
でも、やっぱり大変だった、グループワーク。 うちのグループは一番 何事もなくサクサク進んだ方だったんだけど、
そういうもろもろのまとめは また次回。

今回のマスタークラスの目標は、企画開発し、最終日にプロの前でプレゼンすること。
プレゼンが近づくにつれて どんどん慌ただしくなって、深夜まで作業したり もうみんなヘロヘロ。

わたしは 滞在3日目くらいに 風邪を患い ちょうど発熱のピークが日曜だったので 日曜のレクチャーやトリップを一日スキップ。
風邪ひいても ちょっとも休めないから かなり体調が悪化してて、お休みしたからって ホテルで日本のお仕事するわけにもいかず
とにかく熱だけ下がるように、と 一日寝てた。

しかしあまり回復せず、、月曜の朝には 大分よくなったんだけど、まだ微熱はあるし ぐったり、
でもグループワーク飛ばすわけにもいかないから 無理やり出席。
みんながお薬をくれて、ケネも薬局で色々買ってきてくれたので もう お薬をmixして飲みまくった。
わたしは免疫力が弱く、抵抗できないので 一度風邪をひくと 1か月くらい ずっとひいている。
お仕事がなくてもつらいのに、お仕事に支障が出るのも困るので、日本では 本当に気を付けてて、
人ごみもなるべく避けるし、ずっとマスクつけて生活してる。 人のそばに寄るときは除菌したり あらかじめお薬飲んだり。

でも、デンマークでそれができなかったから 案の定 あっという間に風邪。 もーーー参った。
このあと、帰国まで(今も)ずっと風邪ひいたままで過ごすはめに。

今回のマスタークラスのフライトの手配や色々を担当してくれたエレーナが 日本人の我々だけを自宅ごはんに招いてくれた。
ただ、プレゼン前夜とかで、みんな は、はやく戻らなきゃ(@_@;)っていうフワフワした状態で ちっともゆっくりできず、、
もっとゆっくりしたかったなー エレーナ、とってもいい人! 次はもっとたくさんお話ししたい!

デンマークの現地人(エレーナはデニッシュではない)の生活がのぞける機会なんてそうそうないから、楽しかったぁ:D
おうちがみーんなかわいい!みんなムーミンのおうちみたい。 超うらやましい!!
それぞれ、プレゼン準備。 ニッキーは背景を描いてくれる。 ペドロはAEで映像制作、、
なんかね、使うツールやソフトが同じで すごく不思議で面白い! 違う国から集まって、同じ環境でパッと作業できて、
共通のアニメーション制作言語で会話できる、それはもう 楽しい空間だった!

キャラ描くのでも、この方がアニメーションし易いよね、、とか みんなで絵を描いて「こうがいんじゃない、」「こういうのはどう、」って
もう、絵で会話できる、お仕事できるのが、どんなに楽しいか。 いちいち感動した!
お隣、あぐちゃんのグループ。 お手伝いに入ったのはデニッシュのニルス。
ケネとニッキーとニルスは ここの卒業生で お互い元々友達だったので ニルスもごはんとかでよくこっちにきて仲良くした。
ただでさえもそもそしゃべるデンマーク人、ニルスは更にもそもそしゃべるから もう 何言ってんのか全然わかんない:D

ブラジリアンのパオロは ブラジル初の長編ストップモーション映画を制作した監督でプロデューサなんだけど、
途中から絵を描き始めたら 激ウマーーーーー!!! コミックとかも描いてたんだって、もう超巧すぎて 瞳孔全開。
我々のお部屋からの続き部屋に コピー機があって そこへ来たまほちゃん。↓
まほちゃんのグループは3Fの屋根裏部屋みたいなとこで かわいくてうらやましかった、、
わたし、時々 アチコチウロウロして 他のグループを覗きに行ってたんだけどω
3F屋根裏のもう1グループは、なおなおのところ。 2Fに、るうちゃんのグル―プ。
みんな個性の強い(意志と主張が強い)メンバーがひしめき合って、大変そうだった!
最後の2日は ほぼ徹夜作業、、うちのチームは早く終わったので 深夜3時頃にはホテルに帰れたんだけど、
そっから朝まで わたしは日本のお仕事(@_@)
日本のお仕事持って行ったこと、本当に後悔したorz 結局ほとんど手が回らなかったしorz 申し訳ありませんでした。。

2日前の夜は まほちゃんが疲れすぎて動けなくなっちゃって帰ってこないし、もうみんなボロボロのヘロヘロになりながら
なんとかプレゼンの準備をして ついに最終日・・・!

いつものレクチャールームで 審査員を迎えて 朝からプレゼン。
緊張・・・と思いきや プレゼン中に朝ごはんを食べるニッキー。
プレゼン。 みんな色々あって 最後まで揉めたり決まんなかったり 超ドラマしてたのに
すごく面白いのがあがってきてて びっくりしたし すごいと思った!!
うちのグループは 最初から何事もなくサクサク進んで、講師陣にも他のグループからも優等生的扱いを受けてたけど
何の波乱もなかったから なんだか卒なくまとまっちゃった気がするなぁ。
他のチームの方が ぶっとんでて面白かった!
んで、お昼ご飯のあと 卒業式! ディプロマをゲット!!:D
みんな 「ずっと前から友達だったみたい」って言ってたけど、本当に 3ヶ月くらいここで過ごしたような気分で
でも 終わってしまえば あっという間だった。。
この後、ついに 念願のヴィボ―町歩きへ!!!!
いやぁ、2週間の滞在で、ようやくお昼間の お店が空いてる時間に歩けた:D
なんだー なんもないと思ってたけど、ヴィボ―結構色々あるんじゃん!!
でも、全然時間無くて ちょっと歩いて TIGER寄ったらもう夜。 TIGER。 表参道にもある。
 ヴィボ―で最も賑わっていた おやつ屋さん。 ここがヴィボ―のピークと思われる。↓
んで、夕ご飯前に バタバタと 念願のカフェへ!!!
ようやく海外旅行っぽいかんじに~:D かわいいカフェでホットチョコレイトを飲んだら
もうなんか これまでのバタバタがな~んも無かったかのよう:D コレコレ! あ~もっとまったりしたかったよう:D
で、最後の晩餐へと向かいます、、ヴィボ―で一番よいレストランでご飯らしいよ!
こちら~:D
最後のごはんなのに なぜかマスタークラス全然関係ない イゴーを囲んでしまう。(卒業生で起業してる)
超へんな子で、最後だから みんな変なテンションだけど だんだんおかしいことに気付いてきて
最後は マスタークラス関係ないのに なんでイゴーここに居んの?! みたいな話になる。

ちなみに、あまりにイゴーが変だったので あとでケネにイゴーっていっつもあんな変なの?酔っぱらってたの?って聞いたら
あいつはいつも変だ、と言っていた。。
まぁ、イゴーだけじゃなくて 本当に 世界中から色んな人が来てて マスタークラス参加者以外とも たくさん知り合った。
すごく魅力的な環境で、もっともっと居たかった!

他のグループは 4人目のお手伝いさんを「アシスタント」という扱いにしてたけど、
うちのグループは 最初からニッキーもメンバーとしてみんな仲良しでやれて(なんか他より平均年齢低いし)楽しかった!
愛すべきわたしのパートナーズ!いえ~:D
参加者15名は 20代~40代まで 年齢もバラバラだったんだけど 全体のノリとしては こんなかんじでした、、
わたしは、ケネとすごく仲良くなって、好きなものが同じで 手がすごく合ったから 一緒に描くのが本当に楽しかったし とても刺激的で
お互いに 「出会えて人生が変わった」って何度も話した。

別れ際、もう 本当に寂しくて、どうしたらよいか判らなくて、何度も何度もハグして、ハグして、
どうしよう、さみしい、どうしよう!って 大好き>< って 何度言い合っても足りなくて こんな別れは初めてだった;;

離れていても 一緒に作業はできる。 でも、隣で、同じお部屋で 一緒に描くのとは やっぱり違う。
一緒にお仕事しようね、って約束したけど やっぱり会いたい!

ケネに出会えて、制作者でいることの楽しさと喜びを思い出すことができた。
お互い尊敬しあえる環境が心地よいことを知った。
今の環境を、本当に、変えようと思えた! ケネ、ありがとう、だいすき!


で、帰国です、、ビルンドの空港までは なぜか「しわ」監督のイグナシオと一緒で 最初おしゃべりしてたんだけど
(イグナシオはアニメーションワークショップで講師してるんだって)
その後 わたしは3日間の徹夜明けだったから ほぼ寝たω

アムステルダム経由。 日本行の飛行機が3時間くらい遅れて 空港をウロウロ、、
ミッフィー!! そうかぁ オランダはミッフィーの国なんだぁ:D
・・・と、デンマークに行ったのに なぜかオランダのお土産を買いこんで帰りましたとさ。
今回、本当に時間が無くて なーんもお店見られなかったんだけど ある日の朝 朝ごパンをゲットするために寄った
スーパーでゲットした チャイだけが 手元に。。。 2週間の滞在で これだけ。。。
でもまー わたしは ものすごく ものすごいものを得たのだ。 本当に。
これまで海外ウロウロしてたのとも全然ちがう、フェスティバルとも違う、日本での生活とも違う、
わたしのこれまでの人生で もっとも濃密な2週間だった! 新しい朝がきた!希望の朝だ!という感じです!

人生を、変えようと思う。
わたしの人生 どーせいつだって波乱万丈なんだ もう何もこわくないし ためらわない。
パッとやるぞー!うごけ、うごけ!(・v・)9


そんな SEAマスタークラスinデンマーク でした。
次回は 制作(企画開発)に関する詳細を真面目に書きまーす。