2012/10/02

オタワ国際アニメーションフェスティバル2012 - 2日目

オタワ2日目。 目を閉じた瞬間 あっという間に朝。 全く疲れがとれないまま フラフラと起きる。
朝から TACのプログラムがあるので ひとりでトコトコ シャトーローリエへ。
用意されている フリーの朝ごパンたちが とってもおいしい。 ここで初めて 機内食以来の固形物を口にする。
コーヒィ飲みながら アメリカのテレビ局関係のおじさんとお話し。 何を話したかは 秘密です。

そして インド人につかまる。 やばい、この人は・・・! と思った時には 遅かった。。。
事前に TAC参加者全員にメールばら撒いてた人。 なんか 自分の企画したアニメの プロデューサ探してる人だ。。
わたし 肩書は プロデューサだけど そんなパワーは ないのに。。。てゆか その企画は。。。

約束があるから と どうにか 逃れ リドーセンターへ。。。
この朝 わたしは 思い知る。 TAC参加者って ほとんど 北米のTV・メディア・商業アニメ関係者。
そして ああ そりゃぁ そうだよね みんな プロデューサを 探してる。 みんな 出資者を 探してるんだ。。。

ちなみに 例によって お写真は ないよ。 わたしは いっぱいいっぱいの時は お写真撮らないもので。
ゴーカでした。

リドーセンタで みんなと合流。 リドーセンタという ショッピングモールの中に 映画館があって そこが上映会場のひとつになっている。
ここは 2008年に わたしが 学生コンペティションの 審査をした会場だ。。なつかしいな。
カナディアンショウケイス(カナダのアニメーション特集)を 観る。
終盤で会場を抜けて またも 独りトコトコ シャトーローリエへ。 ランチの約束をしていたので。
NFB(ナショナルフィルムボード。 カナダには政府の機関のひとつに 映画制作庁があるのです。)のプロデューサMさんに会う。
オタワ直前に思い出して メールしておいたらば 快く応じてくださった。

久しぶりの再会。 今年のヒロシマで 探したけどいなかったね?会えると思ったのに~ と言われる。 すみません、行きませんでした。。。
彼が 2008年に審査員をした時 数名の日本人作家の中から わたしを選んでくれた人。
わたしが フランス行ったりしている時も 時々気にして連絡をくれたりしていた。 ずっとフランス語で話してたけど 今回から 英語にシフト。

TACが用意してくれた フリーのランチビュッフェ お写真が 一枚だけ 撮ってあった。。。 
彼は有名なので 一緒に居ると目立つ。
彼が居ない間に こっそり 「あなた、彼と一緒に居るってことは NFBの人?」 と声をかけられたりした。
いいえ、わたしは 一介のジャパニーズでございます。。。(;_;)/~

商談は 好い方向へ。 これひとつで かなり大きなお話で オタワに来た価値があったので ホッとする。
ついでに 色々な人を ご紹介いただけて 他にも好いお話が。 ホント感謝です 彼には助けてもらってばっかりだ。 しかも 人生規模で。

ああ 疲れた。 ほっとした。 お昼過ぎ また みんなと合流。 やつらはノンビリ観光しておった。
一緒に公園をプラプラする。 リスが多い。
時間の合う 好い上映がなかったので プラプラとカフェへ。 私以外の3人は なんだかノンビリ、ボンヤリしていて(特に未来さん)
わたしだけが あくせく・ヒヤヒヤ している。 きっと こんなに あくせくする必要 ないんだ。 でも そういう性格なの;;
この旅行中 ずっと 彼らの行動をカバーし 英語をフォローし お店や交通機関や何や 全てアテンドし 疲れたよ、わたし。 つかれたよ。。。
みんなのこと好きだし 楽しかったから いいけどね><

その分 任せるところは 任せる。 どの上映を観るか という スケジュールは 未来さんにお任せして 我々はついていくだけに。
前回のオタワでも 未来さんがいた。 アヌシーでも。 海外のフェスティバルには 大抵 未来さんがいてくれる。
新作を発表し続けて コンスタントにノミネイトしている未来さん 尊敬している。 しかし ノンビリしすぎである。 ・・・。 
ラギオニさん(巨匠のおじいちゃん)の新作長編 Le Tableau についての お話を聞きに ナショナルギャラリーへ。
ここには 巨大蜘蛛・ママンがいます~。 世界中に 何匹もいるのよ、この子。 日本のは 六本木ヒルズに居るね。
この帽子のおじさん↓が フェスティバル・ディレクタの クリス・ロビンソン:D 
ラギオニさんの仏語は 優しくて 美しくて ゆったりしているので とっても聞き取りやすい:D
仏語壊滅状態のわたしでも ほとんど聞き取れた。 逆に 通訳さんの英語の方が よく解んなかった^^;

この後 また エンパイア・リドー(リドーセンタの中のシネマ)で カレン・アクアさんの特集を観て
夜は バイタウン・シネマで ショートコンペティション2。 未来さんの MODERN No.2 の上映が含まれる。
大スクリン・大音響で観たら すっごくステキで びっくりした。 世界中で人気なの、うなずけるよ。 すごいなー未来さん。
日本人2名が合流したので 総勢6名 みんなでゴハン。 この時 すでに23時。
オタワには プーチン という名の 名物料理があって
それは フライドポテトに 何やら甘くとろみのある茶色いソースと とろけたチーズがかかっている という ジャンキィなもの。
そこに お肉や お野菜などが混ざって ミートプーチン、ベジプーチン、などという バリエイションが 広がっていく。。。

わたしは あの LA・帰国前・ジャンクフード祭り(セルフ) にて もう ジャンキィなお肉とおイモは 一生要らない という状態に陥った
参照) ので まったくもって 惹かれないのと 値段から 量が予想できたので 内心 「これ2~3人で一皿で いんじゃないかな。。」
と思っていたのだが まぁ 疲れてたし みんなに任せて 放っておいた。 ら、案の定 みんな食べきれず うんうん言いながら食べてた^^;

オイモはね~ 予想以上に たまるんだよね 胃に。 そして 重いんだよね。。。。(経験済み 
そんな深夜のオタワ。 夜はとっても冷える。 天気予報の最低気温は 3度とか 4度とかいう世界。
ゆ~たろ~と Embassyまで 体を縮めて 早足で帰る。
疲れた。 TACは2日間で終わりなので この日で終了。 でも またも 少ししか眠れない。
なぜにゃらば 翌朝に この日上映があった 未来さんの 会見が控えているからです。。。。
わたしにとって このオタワ旅行の中で 一番最悪なひと時が。。。>< 3日目に続く・・・!