2011/04/26

しんせつチョコ

学校からの 帰り道。 今日は 西側から帰ることにして、ウィルシャ×ウエスタン 近くの Ralphsで ぎうにう。
今日は カラッと晴れてるんだけど 風があって ちょうど好い気温、 きもちいい:D
Ralphsのパンコ~ナ~。 ベ~グルやド~ナツが 59セント。。。 安いっ:D
でも、買ったことにゃい。 
なぜにゃらば 一度 小さい子が 母親の目を盗んで 扉を開けて マフィンの上んとこを
ちょこっととって 味見しているのを目撃してしまったことがあるから^^; 
(ここじゃないRalphsだけど。。)

日本でも こ~ゆ~ 個包装されてないのって ちょっとニガテ。。(潔癖症ゆえ。。) 
エコじゃないな わたし。

59セントのド~ナツを眺めていたらば パン・ケ~キコ~ナのおじさんが 「日本人?ちょいちょい、」
と わたしを手招き。 なぁに:D と近付いてみたらば チョコくれた!
「またおいで、いつも違うものあげるからね^^」 だって:D わぁい ありがとうおじさん:D 

わたしの人生は いつも180度変わる。 毎年 違う国に住んで でも アニメイション ていう 生きる目的を見つけた。
アニメイションに出逢って ああ 生きる目的があるって なんて素晴らしいことなんだろうと
やりたいことがある 叶えたい夢があるって なんて 生きる気力をもたらすものなんだろうと
たったひとつ たったひとつのことが わたしの人生を こんなにも有意義で 活力のあるものにするなんて。

わたしは これからも きっといつも模索模索で コロコロ変化する人生を歩むんだろうけど
アニメイションから 遠ざかることは ないんだろうなぁ。 どうかなぁ。
でも もっと自分に合う職業や 生き方も あるかもしんないよね。 ははっ:D

大学の同級生で 2人で一緒に個展をやったこともある子が 卒業後 自殺して わたしは未だに思い出して
アンタ、生きてりゃなんかあったのに、 保証はできないし わたしは何も助けてあげらんないけど
それでも きっと 何か あったのに。 って 脳内で語りかける。 死んだらなんもないよ。 って。
なんもない、に、なりたかった、ってのは わかるから それも選択だと思うけど それは 最後の選択になってしまうのだもの。

わたしは 生きてて よかった。 ロサンゼルス嫌いだけどω それでも 生きててよかったよ。