2009/08/05

ベルンにお出かけ 1 (パウル・クレー・センター)

ちょっと また前日に思い立って 唐突に ベルン(Bern、フランス語では berne) へ。 
ベルンは スイスの 首都。
国連とかがある ジュネーブな気がするけど、 首都はベルン!! 
スイスの真ん中辺(ちょっと西寄り)にあるよ。

アヌシーから早朝、 いつものバスで ジュネーヴへ。 この バスのお話も また今度 詳しくします。

6時発、7時15分 ジュネーヴ・コルナヴァン駅着。 (Geneve, Gare de Cornavin)
まず 駅で切符を買うよ。 
事前情報は「IC特急で1時間45分」 というもののみで なんだかよく判ってないまま
とりあえず 窓口で 「ベルン行きの 往復チケット くださいっ:D」 と 言ってみる。

BILLETS ってかいてあるのが切符売り場の窓口。 
お隣の CHANGE で 初めて スイスフランへの両替をしたよ!
(スイス国内では、駅の窓口など 主要な場所では ユーロが使えます◎)

あとで説明するけれども すごくあっさり 切符を買って、
どの電車に乗ればよいの、と聞いたら 45分発の 4番ホームだよ、と言われる。

下の黄色の、上から2番目。アレだね!:D
7:45発、「IC」 は IC特急のマーク。 
ローザンヌ、ベルン、チューリッヒ中央駅(Lausanne Bern Zurich HB)にとまる、
St.Gallen行き、右端の 「4」っていうのが ホームの番号だよ! さぁ乗ろう!:D

4番ホームに入ってきた IC特急の電車は 2階建て:D 
2階に乗ったよ:D ひとがたくさん!!

チケット。 いつもの(空港行きの3ユロくらいの安いやつ)と 同じ!!!!

特急で 遠くに行くから もっと ほら、長いやつだと 思ってたよ。 
予約も必要なくて、時間や日にちも 言わなくていいの。

座席も自由。ただ、チケットに日にちが書いてあるから、その間に乗らなきゃいけないみたい。8月13日まで有効。10日間なんだね。
これ1枚で 往復のチケットだから、なくさないようにしなきゃ! 

電車に乗ると、シャショーサンが回ってきてスタンプしてくれるよ。
心配していた お値段は CHF92。 92フラン、8200円、てとこ。大体予想通り。ちょっと高め?

聞いていた通り、1時間45分で Bern駅に着いたよ!!:D
ホームから エスカレータを上がって 上から撮った。 でも、これは 登っちゃいけないエスカレータ。
いや、いんだけど、このエスカレータをあがると 不思議な場所に出てしまって よくわからなくなるんだよ。

駅構内や 街の中心に出るのは、こっち! ホームの エスカレータと反対側の、地下へ行く通路を行くよ。

これが 駅から出た ベルンの街の風景! 正面にあるのは、聖霊教会、だって。

振り返って、これが ベルン駅。近代的。

駅の正面は 広いトラムバス乗り場になってるよ。
赤い四角いボックスがチケット券売機で、それぞれの停留所にあるよ。
わたしは パウル・クレー・センターに行きたいんだけど・・・

これがトラムバスの券売機! 全部の停留所の名前がアルファベット順に書いてあって、名前の右に ゾーンナンバーが書いてある。

料金はゾーン制なので、そのゾーンナンバーの書いてある黄色い表示の横のボタンを押すよ。
ボタンを押して、料金の表示が出てから お金を入れますー:D

パウル・クレー・センターは Zentrum Paul Klee という停留所で、Zone1-2 で3.80フラン。
お金入れるとこの下にある赤いボタンが、キャンセルボタン。なんかよく判らなくなったら、ここを押そう。
左下の同じところから、お金も 切符も でてくる!

最初、モタモタしてたら 隣に座ってたおばーちゃんが ドイツ語でもそもそ言いながら チケットを買ってくれた:D ありがとうおばーちゃん:D 

パウル・クレー・センターは、12番線の終点。 
駅からいちばん遠いところに乗り場があったよ。
手前にもうひとつ12番線乗り場があったけど、それは逆方向行き! Zentrum Paul Klee行き、っていう表示を確認してのるよ。

10分以内間隔ですぐに来る!便利~:D
スイスのトラムバスは 真っ赤。 赤い車内で 黄色いチケット、かわいいね:D

着きました~ 終点です:D 
意外と近い!もっと郊外にあるのかと思ってたら、すごく近かった。

この時点で、ちょうどぴったり 朝の10時!! 
アヌシーから ここまで ちょうど4時間でこられたよ。はやかった!スイスイ:D
センターに着くのは、早くても10時半くらいだろうな、とおもってた。スイスの電車やトラムバスの本数の多さの成せるワザですなー
(パウル・クレー・センターの開館時間は 午前10時だよ。)

一緒にトラムバスから降りたお客さんたちにくっついて パウル・クレーセンターへ。
朝だから、上着持ってこなかったことを後悔する程 肌寒いよ><

センターの周りの風景は こんな。 のどか~:D

おおお!!でたー:D これがウワサの パウル・クレー・センター!!!
2005年の夏に開館した、新しい美術館だよ。 美術館じゃなくて、「複合文化施設」というコンセプトで建設されたらしい。
だから、子供のための広いワークショップスペースや、音楽ホールもあるんだよ。

入口は 3つあるカマボコ屋根のうちの 1個目と2個目の間にありますー。

チケットを買ったら、荷物はみんな、地下のクロゼットへ。写真撮影も禁止なので、カメラもみんな入れちゃう。
ロッカーの扉の裏に、1ユロか1フランを入れて 鍵を閉める仕組みで、開けたらまたコインは戻ってくるよ。

実は、学生ですか、と聞かれて、はい、でもカード持ってないのです、と言ったら パスポートでいいよ、と言われて
パスポート提示で 学割にしてもらえたのだ。常設展と企画展があるんだけど、(学割で20フラン)
常設展の方も 期間によって 違う企画で展示されてるみたい。もちろん、常設展が クレーの絵画。

クレーの言葉や解説は、みんなドイツ語とフランス語の両表記だった。
クレーの1万点のうち、4000点をコレクション、これだけ規模の大きいセンターだし、どんだけすごいのか と期待していったら
意外とそこまでのボリュームはなかったんだけど、すきな絵もいくつかあって 泣きそうになったよ。

でも、例えば 金色のさかな は まだハンブルグ美術館にあるみたいだし、クレーの有名な作品は そんなにコレクションされてないんだよね。
大きな美術館ががっちり掴んでるやつ以外の、バラバラ散ってる作品を 1か所に集めて ちゃんとおさめました的な感じだった。

「たよりない道しるべ」 の絵の 真っ赤なモニュメント!!かわいいい><

2時間居た。お昼12時、センターを出て 白黒犬を横目に クレーのお墓がある方へ ちょっとお散歩。

墓地。 お墓が、かわいい!! 墓地は 広くてきれいでさわやかで お花がたくさん
お墓建てられるなら、こんな墓地がいいなぁ。

結局クレーのお墓にはたどり着けず そんなに目指してたわけでもないので プラプラしてトラムバス停に戻る。

パウル・クレー・センターの停留所 Zentrum Paul Klee は 終点だから、
乗ってきたトラムバスと 同じところに停まってるやつに乗るよー これ なんていうの、送電線? クモの巣みたい!

ぐるんとまわって Bern旧市街に戻ります。 ベルンにお出かけ 2 (旧市街、時計塔、クマ園) に、続く。