2009/05/08

ノスタルジむ。しあわせなミュージックの夜。

今日も日差しがものすごい!!!!
お昼ご飯のあと、お散歩にでかける。
Lambescは とっても小さな町。でも、10年前よりも少し大きくなった。
郵便局に寄る。
とっても親切なおじさんが対応してくれる。
それだけのことが、すごくうれしい。
バス停。毎日ここからバスに乗って高校に通った。冬はいつも夜明け前で真っ暗だった。
ノスタルジ~~~:D

フランスの高校は、部活がほとんどない。
そのかわりに、町のクラブが盛んで、わたしも毎週木曜日、ミュージッククラブに通っていた。

夕方から 子供たちのギタークラスでギターを弾いて、
夜にはフォークな会で大人たちのギターやアコーディオンに合わせて、バイヨリンを弾いた。

ポルカ、マズルカ。

高校でも ミュージックの特別クラスでオーケストラをやってたんだけど、
途中でムッシューとケンカしてやめたんだった。。。

町のミュージッククラブは だいすきだった。
夜、主催者の、ドニーとパスカルに 10年ぶりに逢う!!!!!!だいすき。だいすき。
パスカルにバイヨリンを貸してもらって、弾く。ああ、久しぶりなのに なんて体の覚えていること。
楽譜を見れば自然に指が動く。ビブラートする。
楽しすぎる。フランスに来て、何度もバイヨリンを持ってこなかったことを後悔したけれど、今夜も また後悔した。
プロヴァンスの小さな町で、ギターとアコーディオンに合わせて ポルカ、マズルカ。
古くて楽しい音楽。輪になって踊る音楽。
気持ち良すぎて、心臓が ぎゅってした>< ずっと弾いていたかった。 

ママが作って差し入れてくれたケーキを、みんなで食べる。
10年前にも居たおばあちゃん、アニーが わたしを覚えててくれる。

フランスに もう一度来て よかった。