2009/04/06

Lisboa - Geneve

ポルトガル7日目、最終日。
早朝、もう帰るだけだったので(そして 依然としてテンション低いので) お写真は ないよ。。。
朝早かったので、空港行く専用のバスは まだ動いてなくて、 ふつーの路線バスに乗ったんだけど
そっちのが安いし 時間もそんなにかからなかったし よかった。 リベルダーデ通りのバス停から、30分かからないくらいだったよ。

easyJetで リスボンから スイス、ジュネーブへ。
1時間の 時差のことを忘れてて ジュネーブで電車の時刻表を見て 3分間くらい 疑問に思う。

ジュネーブでは 帰りのバスの時間まで 7時間くらいあったので くたくたな足をひきずって ウロウロする。
オペラ座↓  ヌーヴ広場。たぶん。
で、あまりにも くたくたで倒れそうだったので だいすきな 自然史博物館に駆け込む。 
落ち着く~:D
ジュネーブの自然史博物館は 初めて来たよ。ヨーロッパ最大級だって。(最大「級」だから最大ではないようだ
生物以外にも 地質、鉱物、宇宙とかも扱ってて おもしろい。

わたしは 生物がだいすきで、子供のころは 生物のテレビ番組ばかり見て、生物の本ばかり読んでた。

ファーブル昆虫記は 小学生の頃 7巻までの どこに何が書いてあるか 覚えてしまうくらい もう 何度も何度も読んで
本の中の 昆虫の挿絵を 見ないでみんな描けちゃうくらい 真似してよく描いてた。 
特にすきだった蜂は 今でも完璧に描ける:D
(ちなみに 全8巻だったんだけど 8巻は ファーブルについての伝記だったので そんなに興味がなかったらしい。。)

いまだに 「ファーブルよく読んでたよねー ふと見るといつも読んでた」 と 家族に言われるよ。。。
だから 大人になって、 虫とか 触れなくなっちゃったのは ほんとうに悲しい>< でも こわいし きもちわるい。。
あんなにすきだったのに~

ニューヨークに行った時も 全然感動しなかったんだけど アメリカ自然史博物館だけは だいすきになった。 また行きたいなー
今度ニューヨークに行ったら、もう あそこだけでいいや、くらい。3日間くらい ずっと居たい。

ジュネーブは 鳥が豊富:D

この ほの暗さと 静けさの中 生物たちに囲まれて あああ 落ち着きまくる (はく製って ちょっと悲しいけど;)
しかも ジュネーブの自然史博物館は 入場無料! 近所に欲しい・・・ 毎日通っちゃう。
恐竜もだいすき! 動物、昆虫、恐竜、あと 植物。 の 子供のころ 蓄えまくった知識は まだ少し残ってて
デザイン考えるときとか 自然と出てくる、「ハナカマキリみたいなかんじにしよう!:D」 とか~

で、やっとバスの時間!!

つつつ、つかれたーーー; ヒヘー><(疲弊)

とりあえず 今回のポルトガルの旅は これにて完結~:D (最後、ジュネーブだったけどω)
日本人観光客は まだあまり多くない、ポルトガル。 修好150周年にもなるし、ぜひ 一度足を運んでみてください!
次回の記事で、ポルトガルのまとめを書くね!

明日(リアルタイムで)は リヨンに行くよ。1泊してくる!