2009/02/26

水を売る国

数年前に、話の流れで 「だって、フランスは 水を売る国だよ!」 と言われて なるほど、と思ったことがあった。
水さえも自国ブランドに。「フランスの水」 といって 売る自信、売れる現実。

でも、フランスで生活してたら、そのことを思い出して、更に なるほど、と思ったんだ。

フランスでは、お水が貴重だよ。
というか、日本には、水がありすぎる。毎日お風呂に入れることが 他の国では贅沢だって 知ってた?
フランスは 水道代が高いよ。というか、日本の水道代が、安すぎる。

フランスは、他の国、世界中に お水を売る国だから、売るほどお水があるのかっていうと、そうじゃないんだ。
むしろ、貴重なお水だからこそ、その中でブランドが生まれたりするっていう 背景がある。

それから、水道代が高い上に、フランスの水道水には 石灰分が多く含まれてるから、あんまりガブガブ飲む、ってかんじじゃなくて
飲料水は 別に買う っていう 生活習慣が生まれて 需要があれば まぁ 生産も活発になるよね。

ただ、他の国は どーか知らないけど 日本で売っている フランスのお水は すごく高いよねぇ!ちょっと勘違いしちゃうね。
フランスのスーパー、お水売り場は ど-なってるかというと・・・ EAU=水
コントレックス 1㍑ 0.49ユーロ           ヴィッテル 1.5㍑ 0.52ユーロ(1㍑0.35ユーロ)

日本でも売ってる フランスのお水といえば ヴィッテル、エヴィアン、ヴォルヴィック、コントレックス、、
それらは フランスでも もちろん 主要なミネラルウォーター。
それらはみんな 町の名前で、アヌシーの近くには、エヴィアンがあるよ!

ほかにも、日本のコンビニで売ってる 日本産ミネラルウォーター的な 安めのやつもあるよ!
それに、ただの (多分石灰分とかを取り除いた)お水、も売ってて 1.5リットル15円くらいで笑った。。

もちろん、量が多いボトルの方が 単価が安いよ。 上の1リットル 0.49ユーロだったコントレックスは 1.5リットルだと
1リットルあたり 0.37ユーロに。 1.5リットル6本パックで、400円くらいかな?